女性

これは知っておきたい

レディ

注意点を見ておこう

ボトックス注射を受ける際には、注意しておきたい事があるので事前に確認しておきましょう。より安全で効果的に美容を行うためには、正しい知識を持って置くことが大切です。まずボトックス注射には、使ってはならないとされている条件があります。筋肉の病気で全身症状が現れるタイプのものに罹患している方や、抗生物質などの薬品を服用している場合は、利用できません。またお子さんを検討中の場合にも、避けたほうが良いと考えられています。妊娠中や授乳中の方では、ボトックスの影響が胎児や乳児に及んでしまうリスクがあるので、利用できません。加えて妊娠を計画している場合にも注意が必要です。妊娠しているか判らない状況で利用していくと、もしもお子さんを授かっていた場合には悪影響の可能性があります。ボトックス注射は治療後にも注意が必要で、特に施した部分に刺激を与えたり、強くこすったりしないことが大切です。治療後には注射痕が表れたりする場合がありますが、メイクをしてカバーすることは出来ます。まずボトックス注射の前には、カウンセリングと診察を受けるのが通常です。ボトックスが効果的かどうかなどを、医師の視点から確かめていきます。悩みや希望があれば、この時に遠慮せずに伝えていきましょう。次に実際にボトックス注射を行っていきます。注射と聞くと痛そうなイメージがあるかも知れませんが、しっかりと麻酔テープやクリームなどで痛み対策をしてから、治療していくのが一般的です。通車に使う針自体もとても細いものが使われるので、そこまで強い痛みを感じない方が多いと言われます。施術部分を冷やしてから注射していくケースもあり、この辺りはクリニックによって違いも出てくる部分です。注射については医師が薬剤の量や、施術していく部分を見極め、慎重に行っていきます。時間的には一箇所あたり数分で完了するのが目安です。注射が終わった後は、そのまま化粧をして帰宅できます。特にアフターケアは必要ありませんが、マッサージするなどして刺激を与えるのは避けましょう。患部が腫れたりするケースもありますが、悪化することは稀です。万が一の際には早めに相談して、対処していきましょう。